刑事バレリーノ

12月です。 今年も、あと一ケ月になってしまった。 何か毎年、日が過ぎるの早く感じます。 年のせいかな 永作博美様が出演するドラマ「刑事バレリーノ」のラベルを作ってみました。 何やら面白そうです。 ブルーレイ

続きを読む

「ソロモンの偽証 後篇・裁判

藤野涼子主演、 石井杏奈&夏川結衣& 永作博美&黒木華出演映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」のラベルをまた作ってみました。 ブルーレイ ソロモンの偽証 前篇・事件 http://pictus.at.webry.info/201412/article_21.html ソロモンの偽証 後篇・裁判 http://pictus.at.webry.info/201503/article_9.html

続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件

藤野涼子主演、 石井杏奈&夏川結衣& 永作博美&黒木華出演映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」のラベルを作ってみました。 ブルーレイ

続きを読む

夫婦フーフー日記

永作博美主演映画「夫婦フーフー日記」のラベルを作ってみました。 永作博美様をここまで別人顔にするなんて・・・

続きを読む

ダーティ☆ママ!

ダーティ・ママ!・・・ 敏腕シングルマザー刑事の高子は、1歳になる息子を連れたまま、ルールも常識も周囲の目も度外視して、豪快かつ強引に事件を解決していきます。 しかも、事件解決のためには違法捜査だろうが拷問だろうが何でも有りのとっても“ダーティな”ママなのです。 そんな高子に振り回されるのが、憧れの刑事課に仮採用となった新米刑事の長嶋葵。 正義感が強くて一生懸命だけど、どこかトロいし心はとっても乙女。 やっと刑事になれたと思ったのに、ダーティな高子の無茶につき合わされ、ベビーシッターのようにこき使われ、挙句の果てには恋人との関係にも暗雲が・・・。 刑事としても女としても未熟な葵は、高子に反発しては返り討ちにあい続けます。 しかし、ムチャクチャな事件解決と高子とのバトルを繰り返しながら、葵は本当に大切なことを学び、成長していきます。 本当の「幸せ」を目指して・・・。

続きを読む

ドッペルゲンガー

ドッペルゲンガー・・・ メディカル・テック社の研究者である早崎は、十年前に開発した血圧計がヒット商品となり、全社の期待を背負う立場にあったが、現在手掛けている人工人体の研究は暗礁に乗り上げ、苛立ちばかりが募っていた。 そんな時、早崎の前に現れた自分の分身=ドッペルゲンガー。 早崎の性格とは対称的に自由奔放な分身は、早崎のパートナーを自認し、その深層心理を見透したように大胆な行動をとり始める。 ドッペルゲンガーを見た者はやがて死ぬ…。 そんな伝説に恐々としつつも、早崎は次第に分身との協力関係を結んでゆく

続きを読む

天使

天使・・・ コンビニで働くカトウは、バイト仲間に誘われてクラブへ出かける。 その場に馴染めず、1人カウンターに座っていると、隣の女の子に、飲んでいたジンライムを横取りされてしまう。 彼女の行動に驚き、よく見ると、背中に不思議な羽が生えている。 それはカトウの前に現れた“天使”だった。 それから、天使はカトウのそばから離れなくなり、やがてカトウも天使を可愛く思うようになっていった。 そんな時、いなくなった猫を探しに、女の子がコンビニに来るようになる。 彼女が気になるカトウに、天使が勇気を与えていく。

続きを読む

一番大切なデート/東京の空 上海の夢

一番大切なデート/東京の空 上海の夢・・・ 同じ会社に勤める5人の女性がレストランに集まり、それぞれの“一番大切なデート”を話していくストーリーのドラマ。 デパート勤務の長谷川カヤノは、彼とのデートに少々不満を持つ32歳。 かつての同僚で今は上海勤務の坪内恵美が一時帰国する機会に、仲の良い仲間を集めてレストランで集まることになった。 メンバーは、寿退社したばかりの田口さと実、エレベーターガールの高野京子、新入社員だが、恵美の噂を聞いて恵美に会いたがっている萩原香だ。

続きを読む

クローンは故郷をめざす

クローンは故郷をめざす・・・ 母親を病気で亡くした耕平は宇宙ステーションでの仕事中に殉職してしまう。 彼は科学者たちの手により“合法クローン・プロジェクト”の被検体としてクローン再生されるのだが、少年の頃の記憶のままで蘇ってしまう。 耕平にはかつて双子の弟がいた。 その弟は、川に流された耕平を助けようとして溺死した。 自らの死体を目の当たりにしたクローンの耕平は、それを弟と錯覚し、その死体を母親のもとに届けようと、故郷を目指す…。

続きを読む

東野圭吾 11文字の殺人

東野圭吾 11文字の殺人・・・ 女流推理作家・結城梨花子は、恋人の川津雅之から、「誰かに狙われている」と打ち明けられる。 梨花子は『廻りの森』という小説で文学賞を受賞し、脚光を浴びて以来、ある理由から3年間まったく書けずにいた。 そんな梨花子のスランプ脱出を願い、支えていたのは編集者の萩尾冬子。 もともと川津を紹介したのも冬子だった。 その川津が遺体で見つかった。 警察は事故なのか、自殺なのか、原因はまだわかっていない、と言う。 フリーライターだった川津の仕事が最近減っていたことや、借金を抱えていたことなども聞かされ、川津のことを実はあまりわかっていなかった梨花子。 遺体が発見された萬年橋の上に立ちつくす梨花子は、川津は殺された・・・自分が真相を突き止める、と決意する。 回廊亭殺人事件 http://pictus.at.webry.info/201201/article_9.html ブルータスの心臓 http://pictus.at.webry.info/201201/article_12.html

続きを読む

蛇のひと

蛇のひと・・・ とある朝。 会社員、三辺陽子が出社すると、社内は大変な騒ぎになっていた。 部長の伊東が自殺したというのだ。 しかも課長の今西まで行方不明だという。 陽子はとりあえず、葬儀の手伝いに行くが、伊東の妻、牧子の口から出てくるのは、何故か今西の話ばかり。 葬儀の後、副社長から呼び出された陽子は、今西が会社の金を横領して逃亡した可能性があると聞かされる。 しかも、伊東部長がその証拠を握っていたというのだ。 今西が伊東を殺したのではないか……? 今西の人柄を知る陽子は、あんないい人がそんなことをするはずがないと思いつつ、会社の命令で今西の捜索を開始する。

続きを読む

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ・・・ 沖縄美ら海水族館に意気揚々と赴任した新米の獣医・植村一也を待っていたのは飼育員の作業。 それはイルカのことをよく知らなければ治療はできないと考える館長の方針だった。 理想と現実のギャップに思い悩む日々の中で、3頭の子どもを産み育て“ビッグマザー”の異名をとるフジの尾びれが壊死し始める。 尾びれを切除し一命はとりとめたものの、フジは泳ぐことをやめてしまう。 一也は人工尾びれを作ることを提案する。

続きを読む

気球クラブ、その後

気球クラブ、その後・・・ “気球クラブ・うわの空”。 気球に情熱をかける村上と恋人の美津子が始めたこのサークルには、様々な思いを抱いた若者たちが集まっていた。 しかしサークルは、いつのまにか解散。 5年の月日がたったある日、メンバーの間に「村上が交通事故死した」と連絡が回る。 それをきっかけに、バラバラになっていたメンバーが再び集まり、村上を偲ぶ大宴会が開かれる。 しかし彼らは、気が付いていた。 これが最後のバカ騒ぎになる事を…。

続きを読む

魔法遣いに大切なこと

魔法遣いに大切なこと・・・ “魔法遣い”が当たり前に公務員として存在する現代の東京。 身の回りに魔法遣いがいて、正式な手続きさえ取れば、誰でも魔法遣いに魔法を依頼することができる。 16歳の少女ソラは、人に喜びや希望を与えるような魔法士になるため、母と暮らす北海道・美瑛を離れて東京にやってくる。 魔法局で行われた研修で出会ったのは、同じ夢を追う仲間や先輩魔法士、そして魔法を上手く使えずソラに反発する豪太。 魔法を依頼する人たちの喜びや苦しみを受け止め、やがてソラは一人前の魔法士に成長していく。

続きを読む

人のセックスを笑うな

人のセックスを笑うな・・・ 美術学校に通う19歳の磯貝みるめは、新任のリトグラフの講師ユリに絵のモデルを頼まれる。 アトリエに連れて行かれ、されるがままにするすると服を脱がされてしまう。 以来、20歳年上のユリにすっかり骨抜きにされて2人で過ごす濃密な時間にのめり込むが、ある日、夫がいることをさらりと告げられ愕然とする。 突然現れた年上の女に振り回されて一喜一憂するみるめを同級生のえんちゃんは複雑な思いで見つめていた。

続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ・・・ 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽が4年ぶりに舞い戻ってくる。 自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは家族、とりわけ妹の清深のせいだと家族をいたぶる。 兄の宍道も澄伽には気を遣い、横柄にふるまう彼女によって一家の日常はきしみだしてゆく。

続きを読む

弁当夫婦

弁当夫婦・・・ 朝も早くから、腕をふるって弁当を作る女。 後から起きて、あまり会話を交わさない男。 2人はともに37歳。 長年、同棲生活を続けていることで、一緒にいることが、ごくごくあたりまえになっていた。 お互いに結婚を望んでもいるが、完全にタイミングを逸している状態だ。 「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く出勤する。 女はR246沿いのビルにあるギャラリーに勤務し、男はそこから見える路上で移動式カフェ“金魚屋コーヒー"を経営している。 昼休み。 近くの公園のベンチで、いつものように女は男が来るのを待ち、男がやってくると一緒にお手製の弁当を食べる。 そして、「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く職場に戻る。 毎日、同じことの繰り返し。 慣れとともに、以前より少なくなっていく、日々のコミュニケーション。 ある日の午前、女が“金魚屋カフェ"にやってきた。 「ちょっと話をしよう」と言いながら…。

続きを読む

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。・・・ 今度こそやめると誓いながら、今日も深酒を重ねる戦場カメラマンの塚原安行は、吐血し救急車で病院に運ばれる。 アルコール依存症が原因で、漫画家の妻・由紀とは離婚していた。 そんな安行を母の弘子は治療のために入院させる。 精神科を経てアルコール病棟に移った安行を由紀と子どもたちが見舞う。 家族の支えや入院仲間との交流で少しずつ快方に向かっていると思われたが、安行の体はすでに別の病に冒されていた。

続きを読む

好きだ、

好きだ、・・・ ユウとヨースケは高校に通う17歳。 ヨースケは、いつも放課後になると川辺でギターを弾いている。 まだまだ下手で、同じところばかり弾くギターのメロディを聞いていて、ユウも曲を覚えてしまった。 ユウには姉がいる。 半年前に大切な人を亡くした姉をユウも、そしてヨースケも心配していた。 ある日、ヨースケがユウの姉を川辺に誘った。 帰ってきた彼女は、ヨースケのあの曲を口ずさんでいた。 そしてまたふたりが待ち合わせをした日、哀しい出来事が起きる。

続きを読む

同窓会

同窓会・・・ 初恋を実らせて、高校時代のクラスメイト・雪と結婚した映画プロデューサーの南克之。 だが今は、女優の大崎めぐみと不倫関係の真っ最中だ。 やがて、あっさり雪との離婚が成立するが、それを伝え聞いた地元・長崎の旧友たちは大激怒。 そんな時、かつてのクラスメイトの石川えりから、雪の体に異変が起きたことを聞いた克之は、彼女のために高校の同窓会を計画するのだった。

続きを読む

脇役物語

脇役物語・・・ 万年脇役俳優の松崎ヒロシは、離婚したあと、有名な劇作家の父親と同居している。 ある日、いつもどおりドラマの脇役を淡々とこなしていた彼のもとに、ウディ・アレン映画の日本版リメイクの主役の話が舞い込んだ。 ようやくツキが回ってきたと思った矢先、ひょんなことから大物議員の妻・黒岩トシ子の不倫相手に間違われてしまい、映画の話は消えてしまう。 そんな時、駅のホームでスリの濡れ衣を着せられていた女性アヤを助ける。

続きを読む

その日の前に

その日のまえに・・・ 日野原健大は売れっ子のイラストレーター。 売れない時代から支えてくれた妻のとし子と二人の息子と暮らしている。 ある日、体の不調を訴えたとし子は、検査の結果、突然の余命宣告を受ける。 二人は相談し、来るべき“その日”を迎える準備を始める。 まずは、昔住んでいた町を訪れる事。 一時退院し、18年ぶりに訪れた町は懐かしさで一杯。 結婚当初に暮らしていたアパートを訪れ、“その日”までの人生をここから始める事にする…。

続きを読む

八日目の蝉

八日目の蝉・・・ 不倫相手の赤ん坊を誘拐し、警察に捕まるまでの4年間、赤ん坊を連れて逃亡生活を続けた女・希和子と、誘拐犯に育てられ、本当の家庭に戻っても自分の居場所を見つけられず大人になり自分もまた不倫相手の子供を身ごもった恵理菜という二人の女性を描いた作品。

続きを読む