からっぽ

からっぽ・・・ 家族も友達もお金も、存在感すらもない、高校生・加藤小判。 彼が持っているものは、ただひとつ。 誰からも存在を意識されない時、本当にその場から存在を消せる「テレポート」の能力だ。 しかし、テレポート先で素っ裸になってしまうその能力が役に立つことはなく、小判の孤独を証明するだけであった。 ある日、家を追い出された小判は、誰もいないはずのテレポート先で、シーナと名乗る女性に出会う。 シーナもまた家がなく、小判の能力を利用することを思いつく。 そして、帰る場所のない二人の、奇妙な共同生活が始まった。 同じ頃、町はにわかに活気づいていた。 スーパーの防犯カメラに「白い河童」が映し出されていたのだ。 その話を聞いたまちづくり委員の面々は、「白い河童」に賞金を懸けて、町に活気を取り戻そうとするが……。

続きを読む