あなたへ

あなたへ・・・
北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに、ある日、亡き妻・洋子が遺した絵手紙が届く。
そこには、一羽のスズメの絵とともに“故郷の海を訪れ、散骨して欲しい”との想いが記されていた。
刑務所に慰問に来た歌手であった洋子とは50歳を目前に結婚し、晩婚だった二人は子供を望まず穏やかで幸せな夫婦生活を営んでいた。
15年間連れ添った妻とはお互いを理解し合えていたと思っていたのだが、妻はなぜ生前その思いを伝えてくれなかったのか…。
英二は、妻の真意を知るため彼女の故郷を訪れることを心に決める。
英二は、妻とともに日本を旅するはずだった自家製のキャンピングカーに乗り、彼女の故郷・九州へと旅立つ。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック