蝉しぐれ

蝉しぐれ・・・
江戸時代、下級武士の養父によって育てられた牧文四郎。
彼は父を誰よりも尊敬していたが、その父は切腹の運命に遭ってしまう。
謀反人の子としての汚名を着せられた文四郎は、母を助けながら、質素に暮らしていく。
そこには変わらず彼に接する幼なじみたちの姿もあった。
数年後、牧家は名誉回復を言い渡される。
そんな中、幼い頃から想い続け、今や殿の側室となっていた、ふくが派閥闘争に巻き込まれていることを、文四郎は知るのだった。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ucharake

    きれいな作品いただきます。
    有難うございます。
    2012年04月07日 14:38
  • カワ

    ucharakeさん
    こんばんは。
    僕のラベルを貰ってくれてありがとうございます。
    一枚一枚、頑張って作っているのでコメントを貰えると嬉しいです。
    2012年04月07日 23:59

この記事へのトラックバック