月光ノ仮面

月光ノ仮面・・・
終戦から2年が経った昭和22年。
ボロボロの軍服を身に付けたひとりの男がふらりと町に現れる。
彼はいきなり寄席小屋に入り、高座に上がったものだから、噺家たちにつまみ出されてしまう。
実はこの男の正体は、人気実力ともに認められた落語家・森乃家うさぎといい、戦争で傷を負い記憶を失くしたため、顔面を包帯でぐるぐる巻きにしていたのだ。
かすかな記憶を辿るように、彼は得意としていた題目“粗忽長屋”をつぶやく……。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック