blue

blue・・・
海の近い田舎町、高校3年になった桐島カヤ子は、いつも一人でいる遠藤雅美をお昼に誘った。
遠藤は、カヤ子の知らない音楽や本をよく知っていて、不思議な大人っぽさを持っていた。
親しくなるにつれ、カヤ子は遠藤にひかれていく。
ある日カヤ子は、ひょんなことから親友の憧れの男子とホテルに行ってしまう。
親友になじられ落ち込むカヤ子は、思わず「私が好きなのは遠藤なのに」と、告白する。
カヤ子を優しく受け入れる遠藤。
しかし彼女には、カヤ子の知らない過去があった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック