インシテミル 7日間のデス・ゲーム

インシテミル 7日間のデス・ゲーム・・・
時給1120百円=11万2千円という求人広告に釣られ、10人が“暗鬼館”に集まった。
仕事の内容は、“暗鬼館”での7日を、24時間監視されるだけ。
それぞれの個室には、異なる殺傷能力を備えた凶器が一つ。
そして奇妙なふたつのルール。
「夜の10時以降は自分の個室に入っていること」「実験終了は、7日を迎えるか、生存者が2名になり、実験継続が不可能になった時」。
7日目のタイムアップまで、何も起きなければ全員が1,600万円以上の大金を手にするはずだった。
しかし、二日目に銃殺による死者が出る。
誰が殺したのか?
拳銃を持っているのは誰か?
参加者は、疑心暗鬼の深遠に落ちて行く。
果たして、生き残りをかけた究極のゲームは始まってしまうのか…?
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック